投資顧問が会員に提供する銘柄の情報で利益は出るの?

「投資顧問が提供する銘柄情報で、利用者は本当に儲けられるの?」と疑問に思う女性

投資顧問会社が提供する銘柄情報とは

親指を立ててサインする女性

株エヴァンジェリストなどの投資顧問会社が契約した会員に提供する銘柄情報は、有益なアドバイスになることが多いです。
このアドバイスは利益につながることが少なくありません。
一般的に投資顧問会社は銘柄情報を提供する前に、膨大な情報を収集しています。
その膨大な情報の中から選んだ情報のみを提供しているので、信頼度は高くなるのです。

銘柄情報に利益保証があるわけではない

ただし、投資顧問会社の情報を鵜呑みにするのではなく、自分で判断する材料にすることが重要です。
投資顧問会社は利益を保証しているわけではないので、利益を出せると自分で判断してから投資することが大切です。
投資顧問会社から情報をもらって、自分の予測と違っていたら傍観するという選択肢もあります。
その選択がリスク回避につながる可能性があるからです。
このように投資顧問会社が提供する情報を上手に使えば、利益につなげられるでしょう。

投資顧問の情報収集能力が根本にある

株価の情報収集

投資顧問会社と一般の投資家の大きな違いは、情報収集能力の違いにあります。
プロである投資顧問会社は情報収集に、手間と時間をかけることができます。
専門家同士の情報交換の場など広い人脈をいかして、一般の投資家が集めることが難しい情報を収集できるのです。
集まった情報は膨大な量になるでしょう。
そこから有益な情報につながりそうな情報を拾い集めます。

有益な情報とはどんなものか?

有益な情報は1つの情報だけで出来ているのではなく、裏付けなどを他の情報から得て有益な情報になります。
そのため、膨大な量の情報であっても、足りないことがあるのです。
投資顧問の場合、ピンポイントで欲しい情報を得られる手段を持っています。
だからこそ有益な情報を提供できるのです。
投資顧問会社が利益につながる情報を提供する根本には、このような確かな情報収集能力があります。

分析予測が投資顧問の強み

株価の分析結果

情報収集能力だけでも投資顧問会社を利用することは有益ですが、さらに集めた情報から分析予測の結果を教えてもらえる点も重要です。
投資判断をするためには、その後の値動きを予測する必要があります。
投資顧問会社は情報を分析した結果として、値上がりする銘柄情報を提供しています。

この分析に関して、投資顧問会社は多くの経験やノウハウがあります。
一般の投資家とは見方や予測が違うこともあるでしょう。
そんな分析結果を知ることで、予想していなかった銘柄情報を知ることになるかもしれません。
投資顧問会社が集めた膨大な情報の中にヒントとなる情報があったとしても、それを拾い上げて分析に組み込むためには経験やノウハウが必要となるのです。
投資顧問会社が持っている経験などが、利益につながる情報を提供できる根拠になっています。